サロン集客におけるターゲットに伝わる文章の極意

伝わる文章の書き方

こんにちは!
サロン経営アドバイザーの遠藤です。

今日は、ターゲットに伝わる文章の極意を。

文章の極意って、超シンプルです^^

相手のことを想って、自分の想いを、伝える。

これだけです。

so simple!
wow!

では、説明をしていきましょうか。

・相手のことを想って
・自分の想い
・伝える

まずはじめに重要なことは、相手がいるってことです。

だから「相手のことを考える」ってこと。

こんな言葉でわかりやすいかな?とか、どう書いたら気持ちが伝わるかな?とか、そういう試行錯誤が絶対に生まれるはずなんですよ。

文章が軽い

集客出来ていない人のブログとかを見ると、文章が軽いんです。

ちょいちょいって書いたような(笑)

試行錯誤をした跡がない

何度も何度も書き直して、何度も何度も試行錯誤して、そういう格闘をした感じがしない。

だから、文章が軽いんです。

だから、伝わらない。

テクニックに依存したり、誰かの真似をしたりして、結果として文章が軽いんです。

「ブログ書くのに時間が掛かっちゃって……」
ってよく愚痴をこぼす人がいますが、それはそれでいいんですよ。

タイピングの問題でなければ(笑) 相手のことを考えて、試行錯誤して、その結果出てきたものであれば、何かしらお客様に伝わるはずなんです。

よろしいですか?

相手がいるってことです。

では、次。

「自分の想い」はありますか?

お店を開いているってことは、世界(他者)に対して何かしらのメッセージを持っているはずです。

え?ない?(笑)

考えてください^^;

お店に来てもらうとどうなるのか?

あなたに会う事で、人生がどうなるのか?

もしそういうのがあれば、

書かずにいられないはずなんです。

いや、逆か。

そういう想いがあるからこそ、人は文章を書かずにいられないんです。

伝えたい想いがあるから、ラブレターを書くんです^^

そうですよね?

あなたがお客様に伝えたいこと、伝えたい想いはなんですか?

意外と自分でわかっていない人がいますからね^^;

自分と対話してみてくださいね。

では、最後。

凄く大事なことです。

伝えるという事。

アウトプットしようってことです。

世界(他者)に自分の想いを文章にして提示しようってことです。

どんなに相手のことを考えていても、どんなに自分の想いを持っていても、伝えないと意味がありません^^;

ラブレターは相手に渡して初めて「ラブレター」になるんです。

いいですか?

もっと言うとですね、

書かないのは「罪」

だと思っています。

だって、世界(他者)をよりよくするために、お店を開いているんですよね?

あなたのお店に行くとハッピーになるんですよね?

では、それを伝えようとしないあなたは、「役割」を果たしていると言えるのでしょうか?

良く考えてみてくださいね^^

私も今スクールのホームページを作っているのですが、キャッチコピーに苦戦しています。

ああでもない、こうでもない、と、もがいています。

他のアロマスクールのホームページ見たり、ほかの業種のスクールのホームページ見たり。

キーワードを300個書き出して、いろいろ組み合わせてみたり、読んだ時のリズムを確認してみたり。

ずっと考えているので、妻に「話聞いているの?」って怒られたり(笑)

外歩いていても、料理作っていても、電車に乗っていても、山に登りに行っても、ずーっと考えてます。

全力で考えれば考えるほど、よりたくさんの人に伝わると思っているから

頑張って格闘するんです。

で、これ以上いいものは出てこない!と思ったときに、そのキャッチコピーに決めるんです。

結果、そのキャッチコピーで

正解なのかどうかはわかりません。

それは世界(他者)の反応を見てみないことには、どうにもわかりません。

で、反応が無ければまた考えるだけです。 死に物狂いで。

試行錯誤して、ですね。

考えが足りなかったのだと、試行錯誤が足りなかったのだと、そう考えてまたゼロから考えるんですよ。

テクニックとか、正解とかを探すと、文章は軽くなりますからね。

・相手のことを想って
・自分の想い
・伝える

ぜひ基本的事項をお忘れなきように^^

テクニックはスパイスです。

これくらいに考えておいてください。

基本を疎かにせず、文章書きまくっている人には絶対に勝てませんので。

無料メールセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください