サロン集客のライティングで気を付けるべきこと

こんにちは!
サロン経営アドバイザーの遠藤です。

サロン集客の際にライティングに悩んでいる人が多いので、
ライティングについて、ちょっとお話したいと思います。

サロン集客における、ライティングで気を付けるべきことは何か?

大体一番最初に思いつくのが、

・相手の立場に立つ
・相手のことを考える

というところは、基本的な考えとして押さえていると思います。

相手に対する理解というものは、ずーっと、やっていくものだと思ってくださいね^^

お客様アンケートだったり、お客様との会話だったり、女性誌、ホットペッパー、友達との会話、心理学、
などなど、いろんなところから理解できますからね。

相手のことは完璧には理解できないが、その努力をする

という態度がすごく大切です。

これは忘れないようにしたいですね(^^

そして、その上で「書くという事」ですが、とても多かった意見が、

相手にとってわかりやすいように書く

というものでした。

その中で、

・短文構成
・早めに「。」を打つ
・空白改行を入れる

とか、書いている人がいましたが、もう次のレベルにいきましょう。

超・超基礎ですので^^

これらは意識した時点で、すぐできるものですからね~

よろしいでしょうか?

その上で、書くときに気を付けていることは何か?

■遠藤の失敗

まぁ私も「やっちまった……」って思うことは多々あって(笑)

いい機会なので、バラしちゃおうかなと^^;

グループコンサルをずっとやりたいなと思っていて、先日募集記事を書いたんですね~

まぁ見事に反応が悪いわけですよ(汗)

で、ここで焦らずに分析をするわけです。

観察ですね。

原因はわかっていて、

・焦って書いた記事なので、薄っぺらい(魂がこもってない)
・メリットをきちんと打ち出せていない(もっと具体的に)

が大きいですね。

きちんと準備をして書いていれば、回避できた

そう思います。

自分の「やりたい」が先行しすぎていて、相手のことを考えていなかった

ということですね。

常に意識しておく必要があります。

ブログやホームページの先には、お客様になりうる人がいるんだと。

どれだけそれを明確にイメージできるか?

ここがポイントですね。

まぁ私でもやっちまった!って思うことはあるんです。

だから恐れずに、どんどんアウトプットしていきましょう!

基本は、いかに相手のことを考えられるか?

それ以上でも、それ以下でもないです。

相手の気持ちや望む未来、不安・悩み・価値観・考え・想いなどなど、理解できれば集客や経営が上手くいかないってことは、絶対にありえません。

ビジネスだけでなく、人間関係もうまくいくし、恋人が欲しい人は、恋人もすんなりとできるようになります。

もう何度でも言いますからね(笑)

集客出来ていない人は、

自分の視点>他人の視点

になっているか、もしくは、

他人の視点>自分の視点

になっているか、どちらかです。

つまり、自分の視点ばかりで、客観性が無く、お客様のことを考えられていない、独りよがり。

もしくは、他人のことばかり考え過ぎていて、自分の意見が無い、「あなた」ではなくても、誰でも似たようなことが言えてしまう。

このどちらかです。

あくまでも、重要なのはバランス。

・あなたらしさが出ている「面白さ」
・お客様の「役に立つ」

このバランスを意識してください。

SNSとかでも同じですね、すごく重要な要素ですので。

「面白さ」と「役に立つ」

この2つのバランスですね^^

「主観」と「客観」です。

「特殊」と「一般」と言ってもいいです。

バランスと言っても……という人もいるかと思うので、大体の割合をお話しします。

「面白さ」4:「役に立つ」6

もしくは、

「面白さ」3:「役に立つ」7

くらいですかね^^

面白くもないし、役にも立たない文章、つまらない文章は読まれない時代ですからね。

しっかり意識して書いて行きましょう!

■誰に向かって書いているのか?

ーーーーー
私が気をつけてるのは、
仮想客をイメージするのがとても苦手なので、
わかりやすく、既存のお客様を毎回1人選んで、
その方をイメージして伝えたい事を書いてます。
ーーーーー

というメールを頂きました。

ターゲットを1人決めて、文章を書くという事ですね~

これも何度も言っているからいいかなと思ったのですが、

本当に一人に向かって書いているのか?

ってことを確認してもらいたいなと思って、この文章を書いています。

当たり前の話ですが、

1人来ないサロンだったら、10人来ないです

自分で書いていてすごく馬鹿みたいですが(笑)、

当たり前ですよね?^^;

まず1人。

この精神で、ぜひ取り組んでみて欲しいんですよね。

その1人が、どうしたらサロンに来たくなるか?

どんなことを言われたら、サロンに興味を持つか?
どんな不安を持っているか?
どんな風になりたいと思っているか?

などなど、相手が1人だったらなんとなく理解できるはずです。

きっとこんな不安があるだろうな、って。

よくライティングの話に、ラブレターの話が出てきます。
ラブレターを書くように書くんですよって。
まぁあながち間違っていないのですが、

この重要な視点として、

・相手のことを真剣に考えている
・相手が1人

ってところがポイントです。

その人のことを真剣に考えていて、言葉を尽くすから、想いが伝わるんですね。

何度も書き直して(笑)

そして、「その人ひとり」に向けて書くから伝わるんです。

自分のことを見てくれていたり、理解してくれていたり、褒めてくれたりしたり、
その気持ちが文面から伝わってきたら嬉しいでしょう?^^

「あ、これコピペだな」とすぐ分かるようなラブレターもらったって、うれしくない(笑)

心も動かない。

ですので、一人の人に向けて書くという意識は、すごく重要です。

で、面白いのは、一人の人に向けて書いた文章が、他の人の心にも刺さるということです。

全く興味のない人はダメなんですが、1人の人に刺さる文章って、他の大多数の人の心にも刺さることが多いです。

バーナム効果(調べてみてください)とは、ちょっと違うかもしれませんが、大体不安だったり、悩みって共通しているものです。

言われてうれしい言葉だって共通している。
共感するポイントも似ているんです(笑)

「昔の恋人のことを想って書きました」っていう詩が、なぜか世の乙女たちの心に刺さることがあるんです^^

ですので、一人に向けて、その1人の人がサロンに来たくなるにはどうしたらいいのか?
ということをじっくり考えてみてください。

その1人が、です。

ちょっと毒吐きますけど、
「ブログに何を書いたらいいのか、わかりません」
っていう人が私には理解できないのです^^;

「正解」を探しているのかもしれませんが、そんなものはないのですよ。

これも何度もいいますけど。

本当にお客様のお役に立ちたい、世のため人のために頑張っていきたいという想いがあるのなら、書くべきことなんて腐るほどあると思うのですが^^;

ただの怠慢なんではなかろうかと。。。

もしくは、自分のことしか考えていない。って思うことがすごくあります。

相手を1人、徹底的にイメージをする。
その人がどう思うか?どう感じるか?
それがすべて、ですからね。

それが全然わからなかったら、自分以外の「他人」に聞くしかないです。
友達でも、知り合いでも、既存のお客様でもいい。

「対話」をぜひしてくださいね^^

で、それをもとに、イメージを膨らませて、書き続けるしかありません。

目の前にその人がいると思って、話しかけるように文章を書いてみてくださいね^^

で、文章を読み返して、

「あーこの表現は、わかりづらいかな?」

とか

「これ言いすぎると、嫌なイメージになるかな?」

とか、反応さえもイメージして、書いてくださいね~

無料メールセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください