サロン集客で絶対にやるべきたった一つのこと「リサーチ」

こんにちは、遠藤です。

今回は、サロン集客で絶対にやるべきこと、「リサーチ」についてです。

調査するってことですね(^^

では、何を調査するのか?何を知って理解しなくてはいけないのか?ということですが、3つあります。

・ターゲットについて
・ライバルサロンについて
・自分(自分のサロン)について

この3つです。

サロン集客を成功させるために必ずやるべきことですので、しっかりと取り組みましょう!

ターゲットについて理解する

サロンビジネスをする相手のことを知らなくては、何をどうするか?も決めることができません。

自分の技術やサービスで、悩みを解決したり、幸せにすることができる人は、どんな人か?を、まずは理解する必要があります。

『彼を知り、己を知れば、百戦危うからず』という言葉がある通りです。

・ターゲットがどんな未来を望んでいるか?
・どんな価値観、ライフスタイルか?
・どんな悩みや不安を抱えているか?
・業界についてどう思うか?イメージは?(エステ業界とか)
・個人サロンについて
・サロン選択に重視する点は?
・どんなサービスがあるといいか?

などなど、ターゲットについてリサーチをしていきます。

ターゲットのリサーチの仕方

代表的なものをいくつかご紹介します。

お客様に聞く

もうすでにお客様が少ないながらいるのであれば、お客様に聞いてしまうことです。一番手っ取り早いですね(笑)

聞いて怒られるということはまずないと思うので、質問攻めにならない程度に、聞きたいことはどんどん聞くべきだと思います。

モニターに聞く

まだ開業したばかりだったり、集客する前であれば、モニターを募集するといいですね。

そして、どんどん質問をぶつけていきましょう。

ネットで調べる

ターゲットについて知りたいことのキーワードで検索してみる。

あとは、YAHOO知恵袋などの質問サイトなどでキーワード検索してみてもいいと思います。

例えば、自分のサービスのキーワードとか(アロマサロン、エステサロンなど)。

もしくは、きっとターゲットが抱えているだろう悩みのキーワードとかでもいいですね。

雑誌で調べる

自分のサロンに関係する特集とかを雑誌とかでやっていますので、そういうものに目を通してみる。

雑誌は、一般大衆に向けて書いてますので、非常にわかりやすく、内容もまとめられていたりしますので、有益です。

キーワードを書き出す

ターゲットのリサーチをする際に、キーワードを書き出すといいです。

・ターゲットが反応したり、目を止めたりするであろう言葉
・ターゲットに関連する言葉
・ターゲットが検索時に使用するであろう言葉

できるだけたくさん、ですね。

あとあと、集客する際に活用するので、書き溜めておいてください。

ライバルについて理解する

ビジネスには、ほぼ必ずライバルの存在があります。
情報化社会で、情報を届きやすくなっている一方で、
「比較をされる」という状況があります。

比較をされて、選ばれる。
選ばれるためには、ライバルより優れたものを提供しなくてはいけません。

ですので、ライバルの存在は無視できません。

ライバルサロンのリサーチの仕方

実際に足を運んでもいいですし、それが難しければ、ネットで調べてもいいです。

ライバルのホームページやブログから、どんなサロンなのか?どんな技術やサービスを提供しているのか?をリサーチします。

ライバルサロンの特徴をまとめる

ライバルサロンのリサーチをしながら、ぜひそれそれの特徴をまとめるといいですね。

技術の特徴だったり、サービスの特徴だったり。サロンオーナー自身の特徴だったり。

気になるところだったり、目が行くところだったり、面白いところはピックアップしましょう。

ホームページやブログを見てわかる範囲で大丈夫です。

自分(自分のサロン)について理解する

最後は、自分について理解するということです。

ターゲットを理解した上で、では、何をどう伝えれば集客ができるのか?
ライバルを理解した上で、ライバルに勝つためには、何を、どう表現すればいいのか?

ということがわかってくると思います。

自分のリサーチの仕方

自分のサロンのことは、意外と自分ではわからなかったりします。

もしくは、わかった気になっている可能性がありますね。

ですので、理解しやすくするために、分割してリサーチしてみるといいですね。

技術やサービスについてと、それがもたらす未来について

どんな技術やサービスを提供しているのか?そして、それがもたらすのはどんな未来か?どんなメリットがあるのか?

ライバルサロンとの違いはあるか?あるとしたら、何がどう違うのか?

自分自身について

サロン集客において、サロンオーナーがどんな人であるか?ということは、非常に重要な要素です。

ですので、自分がどんな人間か?ということを理解しておく必要があります。

・どんな価値観、ライフスタイルか?
・どんな世界にしていきたいか
・お客様にどうなってほしいか?
・何が得意か?
・なぜサロンを開こうと思ったか?
・どんなサロンにしたいか?
・何が好きで、何が嫌いか?
・性格は?趣味は?

などなど、自分の半生を振り返りながら、どんどん書き出すといいですよ。

その他のこだわりについて

技術やサービス以外で、サロンの特長があれば、それもピックアップしておきましょう。

とりあえずは自分が特長だと思わなくても、お客様のためにやっていることがあれば、書き出します。

後で、それをアピールするかどうかを決めればいいのです。

ーーーーー

長々とリサーチについてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか?

サロン集客をするには、準備が必要です。

行き当たりばったりで、「なんとなく」集客をしないように、しっかりと準備をしましょうね(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください