読まれて集客に繋がるサロンブログ記事で意識すべき9つのポイント

読まれるサロンブログ

こんにちは!
サロン経営アドバイザーの遠藤です。

サロンブログで集客するための文章や記事は、読まれてナンボです。
どんなに素晴らしい内容だったり、サロンの魅力だったり、役に立つような内容でも、読まれないと意味がありません。

書いているだけ無駄、ということになってしまいます。
そんなの悲しすぎますよね……

せっかく書くのであれば、きちんと読まれて、ターゲットの心を動かすような文章を書きたいですよね?

そのための表現のポイント、情報発信のポイントを9つ、厳選してご紹介したいと思います(^^)

1、わかりやすいかどうか

ターゲットにとってわかりやすいかどうか、これが大切です。

もちろん、難しい言葉は必要ありません。格好つける必要もありません。

専門用語はいりません。

ターゲットのことを考えて、わかるかな?と常に意識しながら、表現することが大事ですね(^^

また、わかりやすくするという意味で、

すぐに結論から書く

ということも意識して書いてみて下さい。

何を言いたいのか?
何を伝えたいのか?を

早い段階で言うということですね(^^)/

今の時代、情報が溢れていますよね?

読み手も暇じゃない。時間が無い。

だから、自分に有益かどうかを、早い段階で見極めたい。

だからこそ、結論を早めに書く、ということですね。

その後に、理由なり、説明なりを書けばいいです。

結論を早めに、が、わかりやすさの近道です。

2、頭にイメージできるかどうか

明確に頭にイメージできるかどうか。

そのためには、できるだけ具体的な言葉を使って書くことが大事です。

例えば、「美肌」って具体的ではないんですよ。

「美肌」って、どんな肌ですか?

そこまで書いて、初めて具体的になりますね(^^)

3、筋が通っているかどうか

話しに一貫性があるかどうか。
話しに矛盾がないかどうか。

「なるほど!」と言いたくなるくらい、理路整然としているかどうか。

主張をした後に、きちんと理由を付け加える。

そんなイメージですね(^^

4、自分の言葉で語っているかどうか

上手く書こうとすると、自分の言葉でなくなる場合があります。
あとは、誰かの真似をしたときですね。

勇気を出して、自分の言葉で、そのまま書いてみてください。

結果的に、それが一番伝わったりします(^^)

5、役に立つかどうか

文章はコミュニケーションですから、何かしら相手を啓発するような内容であるべきです。

意味のある文章でないと、読まれませんからね。

6、面白いかどうか

役に立つばかりでも、飽きてしまう。
単調な味付けでは、どんなにおいしい素材でも飽きが来ます。

そこにスパイスとなるような面白さをプラスしましょう。

ちょっと、で大丈夫です(^^

7、過不足ない

お客様が求める情報をしっかりと伝えるという意味で、

「過不足の無い情報」が求められます。

例えば、何かの説明をしたときに、

情報は十分なのか?

という視点を持ってもらいたい、ということですね。

特にブログで情報発信するときなどは、意識してもらいたいです。

自分が文章を書いていて、

「こんな疑問が浮かばないかな?」
「こういう時はどうすればいいのか、わかるかな?」

など、お客様目線で客観的に見直してみることです。

そうすることで、質の高い情報にブラッシュアップされていきます。

そして、結果的に、記事のボリュームも増えますので、

SEO的にも評価されやすい記事になる。

もちろん、書くのに時間はかかるかもしれませんが、検索に引っ掛かりそうもない文章を量産しても、集客には繋がりませんからね( ;∀;)

8、実例を挙げる

サロンオーナーであるあなたの事例とか、今お越し頂いているお客様の事例とか、具体的な事例を加えてみる、ということです。

これはあなただけのものですから、必然的にオリジナリティも高くなります。

だから、物凄く価値があります(^^)

9、情熱があるかどうか

やはり最後はこれですね♪

全ての根底にあるもの。情熱です。

情熱って伝わるんですよ。不思議ですが。
文章からにじみ出てくるんです。

どんなに上手い文章も、どんなに理路整然とした文章も、情熱にあふれた文章にはかないませんから(^^)

ーーーーー

以上、9つのポイントでした(^^

ぜひご自身の文章や表現を、見直してみてくださいね♪

お客様からよく読まれて、反応が変わり、集客に繋がっていきますよ(^^)

無料メールセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください