読みやすい文章の記事にするための工夫

こんにちは、遠藤です。

どんなに良い内容の記事を書いても、
読んでもらわないと意味がありません。

読んでもらうために、
「読みやすさ」を意識して、文章を書く必要があります。

パッと見て、「この文章だったら、読んでもいいな」と、
思ってもらうために、いくつか工夫をしていきましょう^^

 

1、短文構成にする

早めに「。」を打って、短文構成にしましょう。
一文が長くなればなるほど、情報量が多くなります。
情報が多くなると、それだけ頭を使わないといけません。

疲れるんですね(笑)

また、一文が長くなると、文章がまとまって見えるので、
それだけで、読む気が無くなる可能性が高いです。

 

2、ひらがなが多すぎない、漢字が多すぎない

適切なバランスで。
ひらがながおおすぎてもよみづらいですし、
漢字が多過ぎても読み辛いです。

 

3、「。」を打ったら、空白改行を入れる

空白改行を1行入れてください。
そうすることで、格段に読みやすくなりますので。

で、空白改行も1行が続くと、
それはそれで圧迫感がありますので、
たまに2行入れたり。

3行以上入れるのは、入れすぎかなと思います。
空白が目立ってしまいますのでね^^;

 

あと、「、」で空白改行を入れる人がいますが、
基本的には入れません。

「、」で空白改行を入れてしまうと、
記事が縦に長くなってしまうからです。

ですので、「。」を打つまでは、
あまり改行をしないほうがいいですね^^
ーーーーー

以上、読みやすくするための記事の書き方でした。

すぐにできることだと思いますので、
すぐにやってくださいね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください