「13歳からのアート思考」サロンオーナーが読むべき本の紹介

13歳からのアート思考

こんにちは!
サロン経営アドバイザーの遠藤です。

久々におススメしておきたいと思った本があります。
読んでいて「あーこれはサロンオーナーは絶対に読んだ方がいい」と思いました。

そんなに内容が難しくないので、購入して手元に置いて、何度も読むことをおススメします(^^)/

自分だけの答えが見つかる「13歳からのアート思考」

美術の先生が書いている本です。
美術作品の話かと思ったら、そんな単純な話ではありませんでした(笑)

まさに自分で考え、自分だけの答えを見つけるためにはどうしたらいいか?
という問いに対するヒントが満載です。

サロン経営もそうですが、人生において答えのないことに直面することが多々あります。

そのような時に、どうするか?
答えが無いのですから、非常に気持ちの悪い状況に置かれるわけです。

ですので、自分で考えられる力が必要になってきます。
そして、自分で自分なりの自分だけの答えを見つけるために、どう考えるか?

美術作品を通して、物事をどう見て、どう考えて、どう表現するか?を学ぶ本ですね。

中学や高校時代に、この本のような授業を先生がやってくれていたら、美術は嫌いにならなかっただろうなぁって思います(笑)
なぜピカソがあのような一風変わった絵を描いたのかが、わかりました(^^)

サロンオーナーとしてだけでなく、一社会人として、これからの激動の時代を生き抜くためにも、この本はぜひ読んでおく価値があると考えています。

もしお子さんがいらっしゃるのであれば、お子さんにも読ませるのもいいと思います(^^)/

とにかく久しぶりにいい本に出会えたので、興奮と共にお伝えしました~!

無料メールセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください