チラシ、名刺、リーフレットなどのアナログサロン集客

チラシでサロン集客

こんにちは!
サロン経営アドバイザーの遠藤です。

インターネットやSNS全盛期ですので、アナログな手法は軽視されがちですね。
しかしながら、まだまだ効果的に活用できる部分もあるかと思いますので、簡単ではありますが、まとめておこうかなと思います。

アナログなツールとしては、

・チラシ
・名刺
・リーフレット

の3つがあればいいでしょう。

それぞれ、目的も役割も異なりますので、一つずつ説明していきます。

1、チラシ

チラシは、主に新規集客の媒体として活用します。
サロンのある地域(商圏)に住むターゲットにアプローチをするためにチラシを撒きます。

インターネットをあまり活用しない層にも、アプローチすることが可能ですね。
高齢者とか。

また、お客様のご来店時に、リーフレットと一緒に手渡すことも重要です。

 

理由は2つあって、

・サロンの価値をチラシを通して、再認識してもらえるから
・お客様の知り合いなどに紹介してもらう際に、ツールとして活用してもらえるから

です。

お客様がご来店されて、一通りサロンのことの説明をするものの、全て伝わるものではありません。
お客様も伝えられたからといって、全て記憶するはずがありませんね。

人間の脳は、どんどん忘れるようにできています。悲しいですけど。

 

記憶として、脳に定着してもらうためには、何度も情報に触れる、耳にする必要があります。

サロンを出た後に、帰りの電車で見てもらえるかもしれない。
家について、鞄を開けた時に目について、見てもらえるかもしれない。
鞄から出して、机の上に放置されていても、お風呂上りに見てもらえるかもしれない。

そのような可能性のために、チラシやリーフレットをお渡しするのは大事なことです。
渡さなければ、見る可能性は、ゼロですから(^^

 

また、友人や家族、知り合いと一緒にいるときに、チラシを見てサロンを思い出して、紹介してくれる可能性もあります。
「先日、こんなサロンに行ってきてさ~」みたいな(笑)

お渡ししたチラシを使って、サロンの説明を代理でしてくれるかもしれません。
つまり、一度来ていただいたお客様に、あたかも営業マンになってもらい、宣伝するツールとして、チラシを使ってもらうということです。

人は、口頭だけではなかなかうまく説明ができません。
ましてや、一度だけ訪れたサロンですからね、かなり難易度高いですね。

 

しかしながら、説明するでもなく、チラシを渡してもらえばいいんですから。
こんなに簡単なことはありません。

で、そのチラシを見てもらって、良さそうだなぁと思ったらご来店いただけるわけです。
一度来ていただいたお客様からも、背中を押して頂いて(^^)

ですので、サロンに来た際には、チラシをリーフレットとともに持って帰って頂きましょう。

私は「よろしければ、友人の分もどうぞ!」とか言って、たくさん持って帰ってもらったりしてました(笑)
もちろん、無理やり枚数を押し付けても意味がありませんので、強引にはしませんが。

2、名刺

名刺は、ご来店いただいたお客様にお渡しするツールです。

主に、財布やカバンに残してもらえるようにするものです。

名刺自体は、非常に小さく、載せられる情報量も限られています。

名前やホームページ、SNSのURLなどを載せると、もう他に情報が載せられません。

 

そんな名刺の主目的は

・サロン名と氏名、あとはキャッチコピーのようなものを覚えてもらえるような、ツールとして
・ホームページやブログ、SNSなどの情報ツールへのアクセスをスムースにするため

です。

 

とにかく、思い出してもらうため、記憶を定着させるためのツールとして活用することですね。

そのために「キャッチコピー」は、大きな役割を果たします。

自分のサロンは、一言で表現するとどうなるか?
「○○な○○サロン」みたいな感じですね(^^)

インパクトが重要です。お客様にとってインパクトのあるわかりやすいキャッチコピーがあるとベストです。

 

インパクトを残すという意味では、キャッチコピーだけでなく、他にもデザインを面白いものにするとか、顔写真を入れるとか、工夫をしてみてもいいでしょう。

また、チラシの役割として、情報ツールへのアクセスを容易にするというものがあります。

ですので、ホームページやSNSをすぐに見られるように、QRコードを貼付しておきましょう。

今の時代、スマホを持っていないという人がいないくらい、スマホは普及しています。
そして、スマホ決済サービスなども始まり、QRコードの認知度も高いので、利便性を向上させるためにQRコードがあってもいいですね。

QRコードは簡単に作れますし、作り方も検索すればたくさん出てくると思いますので、省略します。

3、リーフレット

リーフレットは、チラシと似たようなものですが、少し違います。

チラシは新規集客を主目的としますが、リーフレットはリピーター様向けです。
ご来店されたお客様に渡すものが、リーフレットです。

リーフレットの役割は、チラシで伝えきれなかったサロンの価値や魅力を伝えることです。

例えば、詳細なサロンオーナーのプロフィールだったり、めちゃくちゃにこだわっている部分だったり、試行錯誤のストーリーだったり。

 

チラシがシンプルにコンテンツ(内容)を伝えているとすれば、リーフレットはコンテキスト(背景)を伝えるツールですね(^^)

コンテンツはなかなか差別化が難しいです。どのサロンも似たような技術やサービスを提供しています。

しかしながら、コンテキストはオリジナリティがあり、容易に真似できるものではありません。
唯一性の高いものです。

ですので、お客様がリピートするかどうか、サロンのことを愛してくれるかどうかは、コンテキストに左右されると言っても、過言ではありません。

 

ーーーーー

インターネットやSNSを使った集客や経営はもちろん、アナログな手法もうまく組み合わせると、さらに効果的ですね。

チラシ、名刺、リーフレット、全てにおいて言えるのですが、一度作って終わりではなく、お客様の反応をみて改善していくことが重要です。

それぞれのツールの作り方など、またどこかでお伝えしたいと思います(^^

無料メールセミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください