リーフレットの目的とその中身について

こんにちは、遠藤です。

サロンにお客様が来た際に、
リーフレットは渡していますか?

名刺でもなく、
ショップカードでもない。

きちんとサロンの情報が詰まったリーフレットが、
サロン経営において、非常に重要な役割を果たします。

ですので、ぜひリーフレットを作成し、
お客様に渡してもらいたいと思います^^

では、なぜリーフレットを作る必要があるのか、
その目的から考えてみましょう。

1、価値の再確認

一度サロンに来てくださったお客様に、
価値を全て伝え、実感してもらうことは、
なかなか難しいと考えます。

ですので、リーフレットを渡して、
価値を再確認してもらう必要があるかと思います。

2、口コミの際のツール

サロンに来て頂いたお客様に、
価値を再確認してもらうと同時に、
そのお客様から口コミや紹介を促進するための
ツールとしての役割です。

リーフレットを使って、
知り合いや友人や家族に、
どんなサロンであったかを説明してもらうための
ツールですね。

そのために、手元に置いてもらえるように、
渡しておく。

またリーフレットの中身ですが、
先ほどから話をしているように、
きちんと価値が伝わるような内容と構成にすること。

名詞やショップカードのサイズでは、
なかなか情報量としては厳しいものがあるかなと思います。

リーフレットとして、
A4サイズの3つ折りで、両面情報が載っているくらい。
これくらいの情報量は必要だと考えています。

読んでもらって、理解してもらって、価値を感じてもらう。
そのためのリーフレットですからね^^

リーフレットもただ作って渡せばいいわけではなく、
きちんと目的を考えて、
その目的に沿ったリーフレットを作っていきましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする